2010年05月29日

アブラムシ

ガーデニング講座・病害虫編です

今回はりんごをはじめ、バラ科など多くの果樹に発生するアブラムシです。

アブラムシもいくつか種類があり、写真のように黒いものから、緑・白色など様々です
アブラムシ.jpg
早めに対応すれば大きな実害はありませんが、数が増えすぎたり、葉っぱを巻き込むようになってくると面倒になります

ガーデニング程度でしたら、見つけ次第手でつぶすのが手っ取り早いですが、虫が苦手だったり、数が増えすぎた場合は薬剤による防除をすべきでしょう

薬剤は「アブラムシ」まはた「アブラムシ類」と記載があれば大丈夫です

特効薬は「アドマイヤー」などがおススメですが、一般的なマラソン(乳)・スミチオン・オルトランなどでも充分だと思います。

アブラムシは実害よりも「気持ち悪い」という類の害虫です、少しであれば我慢するのもあり?かもしれません・・・・・
posted by りんごの家 at 18:59| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング講座・病害虫編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

根頭がんしゅ病

群馬県沼田市のりんごの家山口果樹園です

いよいよ芽吹きの季節となってまいりました。

休眠する落葉果樹では、芽が動き出す前に植え替えなどを行うのが基本です

苗木などを掘りあげる機会が多い時期ですが、せっかく掘りあげたら根部の病気を確認することは重要だと思います

今回ご紹介するのは「根頭がんしゅ病」です↓
がんしゅ病.JPG

根部にコブ状のがんしゅができ、樹を衰弱させてしまいます。
(これはかなり酷いバージョン)

りんごや梨、ぶどうなど多くの果樹に発生しますが、ぶどうについては菌の種類が違うと云われています

細菌病で、近年の研究では感染している穂木を接木する事でも伝染することが報告されました

土壌中には一般的に生息していて、傷口などから感染するようです。なので防除のようなものは困難、なにより苗木専門店で無病の苗の手に入れる事がベストです。
ある程度まで樹が大きくなれば多少のものでしたら影響は少ないと思います
がんしゅ.JPG
切り取ったがんしゅ部分、かなりグロい!


もし罹病していたら?

幼木でしたらあきらめる事をおすすめしますが、コブが小さいものであれば、コブ周辺をなるべく大きく切り取って、再発しない事を祈りましょう。

切り取ったコブ(がんしゅ)は、土中に混ざらないように処分しましょう!!!

以上、あくまでもご参考に・・・技術は常に進歩します、薬剤等は登録切れもありますので、最終的に自己判断でお願いいたします。
posted by りんごの家 at 19:31| Comment(1) | TrackBack(0) | ガーデニング講座・病害虫編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。